6月3日(日)武蔵野の森総合スポーツプラザサブアリーナにて第32回わんぱく相撲調布場所を開催することが出来ました。
今年は相撲を前面に出し、相撲・日本文化に拘った設えとさせていただきました。
現役幕内力士の来場を筆頭に、出場者や来場者が相撲や日本文化を楽しむ内容に出来たのではないかと思っております。
また、東京2020オリンピック/パラリンピックの会場となる武蔵野の森総合スポーツプラザで開催することが出来、新しい調布・東京のスポーツの中心地を体感していただけたのではないでしょうか。
とは言え、入会歴の浅いメンバーが中心となった実行委員会でしたので多方面に多大なご迷惑をお掛けしたのも事実です。調布青年会議所のメンバーの力の大きさを時間するとともに、自分の至らない点を思い知った事業でした。
皆様、ご協力ありがとうございました。

Action!青少年委員会 委員長 長谷公人